石膏の特徴と用途


化学石膏と原石石膏の特徴

6-1.png

●メリット

  • 人工的に生産するため、安定した品質を確保できる。
  • 粒度が安定していて、異物混入がほとんどない。
    (ただし、排脱石膏のように原料自体に不純物が多い場合は別である。)
  • 高品質の原料を使えば、高い白色度を得ることができる。
  • 副産物を利用することにより、安価な製品も可能となる。 
    (デンタル等としては使用できない)
  • Ph 調整が容易(安定したPhの状態のためPhの調整が容易)

●デメリット

  • コストが高い。(高品質の商品はコストが高い)
  • 生産量が限られている。(高品質の商品は生産量が限られているため入手が難しい。 世界的にも日本の高品質原料以上のものはない。)


原石石膏の特徴

●メリット

  • コストが安い。 
    (原油の高騰後、原石石膏と化学石膏のコスト差は大きなものになった。)
  • 埋蔵量が多い。 
    (中国、タイ、中東、北部アフリカ、中米、オセアニアなど世界中に鉱脈がある。)

●デメリット

  • 透明な単結晶のような純度の高いものもあるが、一般的に交渉の 成り立ちにより不 純物が多い。(シリカ分や鉄分、その他の不純物の混入が多くみられる)
  • 鉱脈によって白色度が低下する。赤系(茶系)やグレー系、青系など産出鉱脈や同じ 鉱脈でも原石によって変化することが多い)
  • Ⅱ型無水石膏の混入するケースがある。これによって硬化促進が一部で起きることが ある。
  • pH 調整が必要となる。(石膏は基本アルカリ性であるため)