石膏の特徴と用途


石膏の原料

●天然石膏(石膏原石)

鉱物としての石膏原石(CaSo4 2H2O)を粉砕し、脱鉄して製造する。

●化学石膏

硫酸塩とカルシウムを人工的に結合させ石膏を製造する。
化学石膏にも排脱石膏(排煙脱硫石膏)、副産物石膏(製造工程で廃棄物として出てくる硫酸塩と結合させるもの)、化学合成石膏(良質の石膏を製造するために製造された石膏で、この石膏を原料として製造しているのは、石膏原石があまり採掘できない日本だけで作られている。)

硫酸塩 + Ca 塩 + CaSo4 2H2O

   ・消石灰 ・化学合成石膏

   ・炭酸Ca ・排脱石膏

   ・塩化Ca ・副産石膏

 焼石膏の原料は、前記で記したように天然石膏(石膏原石)と化学石膏(合成石膏)がありますが、いずれも2 分子の結晶水を含んだ硫酸カルシウム(CaSO4・2H2O)です。
 わが国では良質の天然石膏の産出がなく、現在では中東、中国、タイ、メキシコ、オーストラリアなど世界各国から輸入し主原料としています。原石の石膏は原産地によって、また、その産出する山によって品質に違いがあるため(色や含有物など)使用用途によって使い分けなければなりません。
 そのような理由から高品質の化学石膏が生産されるようになり、品質を要求される用途には広く化学石膏が使用されるようになりました。
 また、生成方法として平釜常圧で生成されるβ型石膏と加圧釜(オートクレーブ)で生成されるα型石膏がありますが、化学石膏で生成したα型石膏が最良の品質と考えられています。